知財業界でホットなもの

7月1日は弁理士の日です。
ドクガクさんが弁理士の日を盛り上げるために、お題を提供されました。
http://benrishikoza.blog24.fc2.com/blog-entry-2555.html


今年の共通テーマは「知財業界でホットなもの」。
・・・ホットなものねえ。そんなもん、有斐閣平成27年重要判例解説からネタを挙げれば一発じゃん、と思った。

だけれども、他の方のエントリーを見れば、つい最近のお話ばかり、、。
うーむ。
でもね、一応、はてなダイアラーを自任していても、年に一度しか更新していない私にとっては、一年以内の話題はホットなんですよ!!!
だから、自分の考えるホットな話題で行きます。

プロダクト・バイ・プロセス・クレーム(最高裁

最高裁判決により実務上で影響がありました。
要するにプロダクト・バイ・プロセス・クレームは原則として明確性要件違反(特許法第36条第6項第2号)の拒絶理由だということです。
・平成24年(受)第1204号 特許権侵害差止請求事件 平成27年6月5日 第二小法廷判決
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/145/085145_hanrei.pdf
・平成24年(受)第2658号 特許権侵害差止請求事件 平成27年6月5日 第二小法廷判決
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/144/085144_hanrei.pdf
よくよく調べると、昨年の6月の判決なので、一年以上前の判例なのですね。
が、しかし、判決の結果を受けて、特許庁「プロダクト・バイ・プロセス・クレームに関する当面の審査・審判の取扱い等について」の判断を示したのが昨年の7月6日だから、私の中では一年以内でセーフです。
うちの事務所は、化学系も結構やっています。
進歩性の拒絶理由通知を解消するために特許請求の範囲の補正をして、これで特許査定だと思っていたら、判決後に、その後の審査でプロダクト・バイ・プロセス・クレームについて明確性要件違反だと、あらためて拒絶理由が通知されるんですもん。
そりゃあ実務に影響が出ますよ。
手続補正書や意見書の書き方を検討したり、出願時のクレームの立て方、今後の出願で明細書に盛り込む記載について検討したりしました。

均等論(マキサカルシトール事件)(知財高裁)

・平成27年(ネ)第10014号 特許権侵害行為差止請求控訴事件 平成28年3月25日判決言渡
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/769/085769_hanrei.pdf
実はこの裁判例を私は知らんかったんですけど、PA会の研修に出席して、均等論といってもボールスプライン軸受事件だけでなく、検討が進められていることを認識し、ちゃんと勉強しなければと心を新たにしました。

フランク三浦事件(知財高裁)

平成27年(行ケ)第10219号 審決取消請求事件 平成28年4月12日判決言渡
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/835/085835_hanrei.pdf
これは相当ホットな話題だと思うのですけれど、4月の話題だから皆さん外しちゃいましたかね。
「フランク ミューラー」という高級腕時計のブランドの商標権者が、そのパロディ腕時計を、「フランク三浦」という登録商標で販売している商標権者に対して、「フランク三浦」の登録商標の無効審判を請求し、無効審決が出たために提起された審決取消訴訟です。
知財高裁は、審決取消に理由がある、言い換えれば「フランク三浦」には無効理由がないという判決でした。
著名商標の商標権者が、パロディ商品の称呼類似の商標登録を排除できない場合があるとも解釈でき、商標担当の弁理士には相当ホットな話題だったのではないでしょうか。
本件は上告されましたので、推移を見守りたいと思います。
私自身は、吉本興業の「面白い恋人」を批判的に見ていましたので、フランク三浦もどうだかなーと思っていました。

(マイブーム)

ついでにマイブームを書こうとしたけれど、眠くなったので今日はこの辺で。
お休みなさい。
最後にドクガクさん、誘っていただいたのに本エントリーが遅くて済みません。

知財業界のトリビア

本日7月1日は弁理士の日だそうです。
ドクガクさんが弁理士の日を盛り上げるために、お題を提供されました。
http://benrishikoza.blog24.fc2.com/blog-entry-2439.html

今年の共通テーマは「知財業界のトリビア」。
トリビアといっても、一般人が読んで「へぇ」と思うネタがいいのか、知財業界の人が読んで「へぇ」と思うネタがいいのか。
また、知財業界にいる期間がある程度長い私は、「昔はこうだったんだよ。」というような、懐古ネタを思い付いちゃいます。そんな懐古ネタでいいんだろうか。
そんなことを考えると、はてなダイアリーを二年ぶりに更新するというのに、筆がますます進みません。
なので、勢いで書いちゃいましょう。
他の方とのネタかぶり上等!で行きます。また、ネタが滑っても気にしない!
なお、本来なら根拠を一緒に示すのがよいのでしょうけれど、今回は省略します。
以下のトリビアネタは他人からの伝聞ネタを含みますが噂程度のものではなく、私が本当だと思っているものを書きます。もっとも、昔のこと等については記憶に頼っているため必ずしも正確でない場合はあり得ます。この場合はツッコミをいただければ幸いです。

実務編

商標法第8条第5号のくじは、ガラポンである。

と、書いてネット検索したら同じ内容についてntakeiさんのブログエントリーが見つかった。
うう、最初のネタからネタかぶりしてますが気にしない。

マーカッシュは人の名前である。

特許審査基準で注釈なしに記載されている「マーカッシュ形式」のマーカッシュは人の名前だそうです。マーカッシュさんが外国の裁判所でクレームの記載形式で争ってその形式が認められたためにマーカッシュ形式と言われるようになったとのこと。
鈴鹿サーキットでデグナーさんが転んだからデグナーカーブと言われるようになったようなものですかね(←分かりにくい例え話。)。

受験編

代々木塾は今は代々木にはない

私は代々木塾出身なので実に寂しいことなのですが、今の代々木塾は代々木駅が最寄り駅ではないのですよね。役務の提供者の名前と役務の提供の場所とが不一致になりました。
代々木の頃の代々木塾に関し、ビルに移転する前の二階建てアパートの頃を知っている人は、あまりいないのかも。

弁理士

日本弁理士クラブと弁理士クラブは別の団体である

「日本弁理士クラブ」は複数の会派の集合体であり、「弁理士クラブ」は会派の一つです。それぞれウェブサイトがありますので見れば違いが分かるでしょう。
日本弁理士クラブの略称は「にちべん」、弁理士クラブの略称は「べんく」です。

PA会のPAはパテントアトーニーが語源である

それそも会派とは何ぞやという疑問を持つ人はいるでしょうけれど、弁理士の有志の親睦団体という理解でいいと思います。母体が出身大学である会派で、その大学が出身でないと入れない会派もありますが、多くの会派は入会資格はオープンです。

弁理士の弁と弁護士の弁は、元々は漢字が違う

旧漢字では弁理士は「辨理士」、弁護士は「辯護士」と書きます。

弁理士制度百年の記念切手がある

その時はまだ私は合格していませんでした。所内の弁理士が買っていたのを羨ましく思いました。

弁理士のバッジは五三の桐紋だ

桐紋は日本政府の組織の紋章に使われているので個人的に好きです。
弁理士バッジを付けている人をあまり見かけませんね。比較的大きいしビロードの地布が付いているので気おくれするのでしょうか。

弁護士は弁理士試験を受けなくても弁理士になれる

これは一般の人向けのトリビアでしょうか。

弁理士行政書士試験を受けなくても行政書士になれる

これも一般の人向けのトリビアでしょうか。
行政書士になれるのと行政書士の実務ができるのとは別の話です。
なお、行政書士試験に合格していれば弁理士試験の論文式試験の選択科目が免除になります。

特許庁の審査官は7年の実務経験で弁理士になれる

審査官は公務員試験に合格するか、任期付き審査官に応募して合格すればなれます。

懐古編

媒体特許というのがあった

昔はコンピュータプログラム自体が特許法で保護されていなくて、方法の発明及び/又はプログラムを記録した媒体の発明を保護する運用が行われていました。

特許の無効の審判、延長登録無効の審判以外の無効審判があった

「外国語国際特許出願固有の理由に基づく特許の無効審判」というのがあった(旧184条の15)。まあ、特許無効審判の一種といえば、そうなんですけれど。現在の184条の18の規定に相当します。

特許出願の用紙がB5版、一頁に一行当たり22文字で20行だった

うちの事務所は所員が日本語ワープロで明細書を書いていました。ワープロを使えない人は手書きでした。この場合、和文タイプの人がワープロに入力していたのです。

「意見書に代わる手続補正書」や「手交」があった

特許法第36条違反の拒絶理由通知の場合には、意見書を提出しないで、補正書のみを「意見書に代わる手続補正書」として提出できる慣行がありました。手交は審査官面接等で拒絶理由通知書と手続補正書とをそれぞれ相手に手渡しする慣行でした。

中央郵便局まで出願書類を持って行っていた

電子出願以前は、うちの事務所は特許庁に出願書類等を持参して窓口に提出していました。特許庁は17時閉庁なので17時までに提出できなかった書類であって、本日中に手続きしなければならない書類は、特許法第19条に規定する郵便物の受領書をもらうために、深夜も開いている東京駅近くの中央郵便局に持って行ってました。

実用新案公報は部分公開だった

公報は実用新案登録請求の範囲及び図面が掲載され、考案の詳細な説明は掲載されていなかったので、読みたい場合は閲覧請求をしていた。

パトリスは従量課金だった

IPDLどころかインターネットが一般的でなかった頃です。今はJ-PlatPatで無料で調べられますもの。便利な時代になりました。

弁理士試験の多枝選択式試験にゼロ解があった

五択問題なのに、五つの枝のいずれも正答でない問題があったのです。

論文式試験が平日にあった

有給休暇を取れない人は弁理士試験を受けるのが大変だったろうと思います。

弁理士試験の受験資格に大学卒業があった

大学を卒業してない人は予備試験を受ける必要がありました。私は大学の卒業証明書の代わりに卒業証書を特許庁の受験窓口に持参していました。

論文式試験の会場にはエアコンが入ってなかった

関西の試験会場はエアコンがないために公平を確保するためという理由だったそうです。私はその頃は論文式試験にチャレンジできていませんでしたので伝聞です。初夏の暑い中の試験は大変だったそうです。

特許事務所の標準料金表があった

今みたいにお客様との取り決めではなくて、弁理士会が規定する標準料金表があったのです。

最後に

菅 直人 元内閣総理大臣弁理士である

やっばり一般人にとってのトリビアは、これでしょう。

ワーク・ライフ・バランスの取り方

7月1日は弁理士の日だそうですが、この弁理士の日記念でブログテーマを、弁理士弁理士試験のブログさんが提案されました。
http://benrishikoza.blog24.fc2.com/blog-entry-2084.html
それで、私も書いてみましょうか。


とはいえ、「ワーク・ライフ・バランスをどう取っているのか?」と聞かれたら、「取れてません。」と私は答えるでしょうね。それだけ仕事に時間を食われています。
残業をしている日が多いので、たまに定時で帰ろうとすると「今日は何かのイベント?」と所員に聞かれてしまいます。


特許事務所で働く弁理士で考えると、仕事にどれだけ時間を取るかというのは、その人の性格によるのではないでしょうか。
調査対象は私だけなのですけれど、一つ目の特許事務所でも、二つ目の特許事務所でも、三つ目の特許事務所でも、私は残業が多い人でした。
ただし、仕事の時間がかかることが、売上がいいとか、いい仕事をしているとは限らないことは分かっています。
また、残業が多いことが、よいこととは思えません。今回のブログテーマどおり、ワーク・ライフ・バランスが大事とは思います。


特許事務所のメンバーを考えると、メンバーのなかで、勤務弁理士はワーク・ライフ・バランスが相対的に取りやすいのではないでしょうか。

  • 弁理士資格を有しない職員は、弁理士試験の受験勉強に時間が取られるし、弁理士の資格を有しないので仕事で評価されるしかなく、仕事を頑張らざるを得ない。
  • 独立をした弁理士は、仕事を取ってくる営業の時間が必要があり、事務所を回していくには仕事量を増やすしかなく、仕事を頑張らざるを得ない。
  • 経営をする弁理士は、職員を養っていけるだけの仕事量を確保する必要があり、仕事を頑張らざるを得ない。

これに対して勤務弁理士は、受験勉強の時間は不要だし、自ら営業をする必要はなく、経営に頭を悩ますこともない。仕事を頑張らなくてもよいことにはならないはないけれど、できない分は「できません」と言える。所長に怒られない範囲ならね。仕事の分配は、所長の役割だと考えることができる。
左うちわで経営されて、仕事は所員に任せている弁理士という方が、もしもいらっしゃったら、ワーク・ライフ・バランスはライフ側に充実されてるかも知れませんが、そんな方がいらっしゃるか。


特許明細書の作成についても質と量とのバランスといわれてます。皆が皆、質と量とをどうバランスさせるかを悩んで、自分なりに割り切ってやっています。
ワーク・ライフ・バランスも同じなのでしょう。仕事とそれ以外とを、どのように割り振るかは自分で考えて、自分で割り切るしかないのだと思います。
そんな抽象的な話題でエントリーを締めるのも何なので、少し具体的なことを考えると、無駄な時間は減らし、仕事の計画を細かく立て、細かく時間振りして片づけていくことかなと思います。
ネット中毒の私が言うのもなんですけれど、ネットを見ている時間なんて、無駄なことが多いです。仕事中は業務専念義務を考慮して必要以外はやりませんけれど、家でネットを見てると、つい夜更かししてしまうことがありますので。
体調を整えて、勤務時間は集中して、できないものはできないと言って、他人にやらせることは他人にやらせて、仕事をするのがワーク・ライフ・バランスの良化のきっかけになったらなあと、自分を戒めて終わりにします。

日記10周年

この日記を始めたのが2003年の6月だから、もう10年になりました。
はてなは、はてなダイアリーよりも、はてなブログを推しているけれど、私は今でもはてなダイアラーと思っています。
毎日は書けなくても、せめて一月に一エントリーは、毎月がだめなら、せめて一年に一エントリーは、と思ってて、まさに一年に数少ないエントリーになっています。


10年前はというと、仕事が忙しいのを理由に受験勉強のために事務所を辞めて、勉強に専念している頃でした。
でもネット中毒から逃れられなくて、その実は勉強に専念できずにネットばっかり見てました。
それでも前年に短答試験に受かったので、その年に論文試験を突破して、最終的に試験に合格するつもりでした。
その論文試験の直前の6月に、はてなダイアリーを始めるんだから、何やってるんだか。
鬼が笑っちゃうんだけど、この日記でその年に合格体験記などを書こうと思ってたんですよね。
実際はというと、論文試験に落ちて10月には転職で新しい事務所に入り、これまた忙しい日々が続くようになりました。


10年でいろいろあったけど、弁理士になったし、ぼちぼちと日記を書き続けていこうと思います。
これからもよろしくお願いします。

おやすみ、しなもん

はてなの社長夫人、近藤令子さんの飼い犬、というか、はてなのマスコット犬のしなもんが先週に亡くなった。
http://cinnamon.hatenablog.com/entry/2013/06/22/195805

初七日を過ぎてのエントリーになっちゃったけど、私も一人のはてなユーザーなので書きたくなった。


ネット上でしか見たことないけれど、はてなのサービスを活用している私はしなもんが好きだった。
犬も猫も飼ったことがことがない私は、しなもんの愛くるしい姿にずいぶんと癒された。
はてなのサーバーが落ちているときには、「しょーがねーなー。まっ、しなもんに免じて許してやるか(←偉そうに)」と思っていた。


しなもんのポストカードと栞は、今も持ってるよ。

ポストカードと栞は、はてなから購入した「はてなの本」の特典でした。
この本の中表紙が、しなもんなんですよね。足形もついてるの。

はてなに親しみを感じて、それから今もはてなを使ってます。


戌年の年賀状に、しなもんを使いたくって、でも無断使用はマズイということで、はてなに使用許可願のメールを出しました。
そうしたら、令子さんさんからメールをいただいて、許可される旨と、しなもんが使われた年賀状を見たいとの返事をいただきました。
ええ、はてなにも、しなもん年賀状をよろこんで送りましたとも。


IT業界はドッグイヤーと呼ばれ、そのIT会社で、しなもんは、まさに駆け抜けていきました。
おやすみ、しなもん

庄司創短編集 三文未来の家庭訪問

はてなダイアラー庄司創 氏の単著三作目

三文未来の家庭訪問 (アフタヌーンKC)

三文未来の家庭訪問 (アフタヌーンKC)



3月22日発売で、翌日の23日に新宿東口の紀伊國屋本店で買った。
ネットで見かけた情報によれば、紀伊國屋で買うと、売上情報として反映されるので良いとのこと。本当かどうかは分からないけれど、作者を応援する気持ちで新宿まで出かけるくらい厭わないです。休日出勤のついでに買えるし。


感想の前の前説が長くなるけれど、私も、はてなダイアリーを2003年から始めて、もうそろそろ10年ですか。今は年に一、二度しか更新しなくなったけど、今でもはてなダイアラーだと思っています。
そうすると、同じはてなダイアラーの方が、特にはてなダイアリーの初期の頃から活躍されている方が出版されることは慶賀の至りです。


タイトル作の「三文未来の家庭訪問」は、講談社の月刊コミック「アフタヌーン」の四季大賞受賞作です。受賞された頃は、はてブでも盛り上がったのに。
http://d.hatena.ne.jp/hajime_shoji/20100818/imagoro
この単行本が発売された話題は、どうして盛り上がらないのだろうと思った。
登場するキャラクターにカノセさんがいるのに。
だから、この日記に書けば、村長と呼ばれ、インフルエンサーと思っている加野瀬さんも気付いて、盛り上がるかな、と思っていた。
けれど、ついつい筆不精して書かずにいたら、加野瀬さんも発売を気づかれた模様(はてブでフォローしているから分かる。)。
だったら私がここで書く必要もないかもしれないけれど、折角だから感想を書きましょうか。

辺獄にて

単行本には、アフタヌーンに掲載された三作が収録されている。
私は三作のうちで、「辺獄にて」が一番好き。
ストーリーは読んでもらうとして、地獄のバリエーション、日滝さんとの関係が並列的に綴られて、最後はいい感じに結末して、読後感が良かった。

三文未来の家庭訪問


最初に登場する、眼鏡をした丸っこい人の名前がカノセさんで吹いた。一応、私もはてなダイアラーですからね。カノセさんといえば加野瀬さんが元でしょう。
ここ数年、アフタヌーンは欠かさず買っているんですよ。
だから、四季賞ポータブルも読んだはずなのに読んだ記憶がなかった。
で、この単行本で読み返して思い出したのだけど、あの頃は忙しくて一ページ目を見て読み捨てちゃったんだった。
内容は、ユニセックスというかバイセックスというか、話中ではトランスセクシャルではないとかインターセクシャルではないとか言われているリタさんと、とある団体のマキちゃんの話。
マキちゃんは意図的にボーイッシュなのだろうけど、最初は、この子は男の子だっけ女の子だっけと思って読んでた。
はてなダイアラーだったら、一応ネタとしても読んでいんじゃないかな。

パンサラッサ連れ行く

辺獄にてと同様に、アフタヌーン本誌で読んだことある。
本編が載った頃のアフタヌーンは、たしか市川春子氏の短編が載っていた頃じゃないかな。
方向性は違うのだけれど、SFとして、かぶっちゃったかなあ、ちょっと勿体ないなあと当時思った。
市川春子氏も庄司創も面白いですよ。
あんまり関係ないけど、私はラブロマのように顔の輪郭線が太い作風が好きっちゃ好きなのかもしれない。まあ、これは好き好きなので。


最後に、庄司創氏による紹介ページをリンクしときます。
http://d.hatena.ne.jp/hajime_shoji/20130322/campaign

SONY READERを買った

Kindleの日本上陸前夜と言われる今日この頃なので、電子書籍リーダーが欲しくなって、ソニーの直販サイトである、ソニーストアでPRS-T1を買いました。
連休前に届いたので、少し使った感想を。



T1は、Wi-Fiで通信できますが、PRS-G1とは違い、3Gで通信をすることはできません。
私は、それをデメリットとは感じていません。3Gの通信費が初年度は無料、2年目も条件付きで無料といっても、貧乏性の私は、なるべく通信費がかからないようにと考えるし、いつでもどこでもオンラインで書籍が買えることの必要性を感じませんから。
自宅にいる時にパソコンと24インチのディスプレイで見通しよく書籍を選んで、それをPRS-T1に転送すれば私には十分です。何か、10年ちょい前にPalmとパソコンを同期させて持ち歩いていた感じです。


PRS-T1のディスプレイは、液晶ではなくて、e-inkです。これは見易い画面です。
e-inkは、バックライトがなく、バッテリーの持ちがよいのも、私に合ってます。スリープモードに移行しても、画面に表示されたままなのが、液晶との違いで、最初はびっくりしました。
軽くて、片手で掴める大きさなのもいいですね。
そして、ページ送りを物理ボタンで操作できるのもいい。



私の日常的な使い方では、電車通勤の行き帰りで立ったまま電子書籍を読んでいるので、左手は吊り革を持ったまま、右手でPRS-T1を持ちつつ右手親指でボタンを押してページ送りをしてます。


コンテンツは、ソニーのストアと紀伊國屋のストアと、楽天のストアが使えるそうですが、まだソニーのストアで無料の、銀河鉄道の夜しかダウンロードしてません。
また、EPUBも読めるので、たださんが作られた伽藍とバザール」のEPUB版を入れました。ありがとうございます。
あとは、PDFですね。特許庁にある平成23年法改正の解説本のPDFを入れました。



余白調整を、PDFファイルごとに行って(メニューの「カスタムビュー」で余白設定を「自動」に)、また画質の調整で明るさを「暗い」にしたら見易くなりました。
ただ、元々の本がA5サイズだったのを、手のひらサイズに縮小することになるから、文字の大きさは、ちっちゃいですね。
ピンチアウトすれば拡大しますけど、見通しは悪くなるし、その操作が煩わしいし。


とまあ、こんな感じで、通勤のお供に、これからも使っていこうと思います。