はてな部屋出し

六年前に部屋の画像を載せました。
http://d.hatena.ne.jp/shiranui/20050401
パソコンとオーディオと、撮影したカメラが変わったぐらいで、六年前とあまり変わり映えがしませんなあ。

六年前は、
パソコン→サブ機のPentiumIII 1GHz(PCPGA)。なお、当時のメイン機はAthlon64 3200+(2GHz)。
オーディオ→Sonyのミニコンポ、プラチド。
カメラ→Contax G1。
今は、
パソコン→Athlon X4 640 (3.0GHz)。
オーディオ→OnkyoのIntec205のアンプA-905FXをパソコンに接続。
カメラ→携帯電話。画像左端のハレーションは、レンズ保護カバーが割れているため。

弁理士試験に合格しました

昨日が口述試験の合格者発表、つまり最終合格者の発表でした。
http://www.jpo.go.jp/torikumi/benrishi/benrishi2/h23_benrisi_goukaku.htm


不思議なことに、すごく嬉しいって感じがしません。
過去に口述で落ちたことがあるためか、口述試験の当日にある程度の手ごたえを得たためか、自分でもよく分かってません。
ただ、「終わったな」とか「一つの区切りだな」という感じはしますし、お世話になった方や所長に報告したら、すごく喜んでくれて、よかったなあと思いました。


いや本当に、今年は周囲の人にずいぶんと手助けしてもらいました。
プレッシャーは相当のものでしたけど、周囲の人から期待されていたからこそ、期待に応えるよう自分を奮い立たせていました。
今は皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。


これから祝賀会などに出て、嬉しさがじわじわと湧いてくるのかもしれません。
このブログも、ずいぶんと更新しておらず、はてな記法もすっかり忘れてしまいましたが、ぼちぼちと更新していきたいと思います。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

レジュメを回す

論文対策シーズンたけなわのこの頃、ふと思い出したのですけど、「レジュメを回す」って、受験生用語ですよね。
受験生でない人には、意味が通じないというか。


以前、「『レジュメを回す』って、どう回すんですか?」って聞かれたことあります。
いや、物理的に右回りでも左回りでもないんですけどね(笑)。

twitter社会論

初版を虎ノ門書房で購入。

Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y)

Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y)

時間がないので手短な書評で。
リアルタイム性と即時性は別物で、twitterの特徴は後者だろうと、使っていない私は思っているのだけれど、「twitter社会論」はリアルタイムという記述になっています。ネットに張り付くリアルタイム性を進める方向では、時間がない人は付いて来れないかも。(120文字)

弁理士試験の口述試験に落ちました

合格者に私の受験番号はありません。
http://www.jpo.go.jp/torikumi/benrishi/benrishi2/benrisi_goukaku.htm
変なのかも知れませんが、ものすごい後悔とか行き場のない憤りとかの気持ちがありません。
発表後の率直な心境はというと、○んでしまいたい、落ちるぐらいなら最初から受験しなきゃよかった、とかいう気持ちです。
もちろん、そんなことはしませんけれど。
激情が湧かないのは、受験期間が長いからかも知れませんね。
試験に落ちると、自分の中の一部分が、他人から必要とされていない、他人から否定された、そんな気持ちになりました。
残りの人生を考えると、一年というのは貴重であり、勉強を続けることに疑問の余地はありますが、もがいて、頑張ってみようと思います。
以上、論文試験に受かったことを公表したことに対するけじめの書き込みです。

10月22日のこと

22日にザ・プリンスパークタワー東京に行ってきました。
控室となった部屋のトイレのドアを開けたら、蓋が自動的に開いたのでビビりました。
蓋が自動的に開くトイレって初めて見ましたよ。


論文試験の結果は、あまり人に話しませんでした。
私はまだ最終的に何も得ていないし、同じ試験を受けて落ちた人もいるのだから、はしゃぐのは良くないだろうと思ったからです。
でも、話した数少ない人、具体的には今の職場の人も、前の職場の友人も、以前のゼミの仲間も(今年はゼミに行っていません)、皆がみんな喜んでくれました。そして、こんなに喜んでくれるのなら、応援してくれる人のためにも頑張ろうと思いました。
だから、受かったと人に話すことは、自分のモチベーション維持のためにも良いことなのかも知れません。もっとも、私はその後に人に話したりはしませんでしたけど。


実用新案法の問題は難しかったです。
三科目の全体として、うまく行った、という感じがしません。
少しリフレッシュしてから、他の日の口述問題の条文チェックしようと思います。
先週まであんなに根を詰めて机に向かっていたのに、土日にボーっとしているのは不思議な気がします。

最近買った本

最新の工業所有権(産業財産権法令集です。

工業所有権(産業財産権)法令集

工業所有権(産業財産権)法令集

弁理士の日々(ボンゴレさん)のブログで紹介されて発売を知り、bk1で購入しました。
http://blog.goo.ne.jp/bongore789/e/ede57a95fdd8fa7c018482c05ba92315
この法令集は、お仕事用ですね。
今年から明細書のフォーマットが変わりましたし、実務上で条文を確認したい時に活用する予定です。
もちろん、勉強用にも使う予定です。
来年の試験は著作権法不正競争防止法の法改正があるのですが、この法令集は、工業所有権(産業財産権法令集と銘打ってるだけに、もともと著作権法及び不正競争防止法が収録されていません。だから、これらの改正後の法律が収録されている法文集を別途用意する必要があるものの、この法令集そのものは来年の試験のために買い換える必要がありません。
ちなみに私は来年の試験では短答免除です。

この法令集の体裁は、A6サイズの二分冊であるのに対し、論文試験で貸与される法文集はA5サイズなので大きさが違います。だから普段から本番の試験の状態に慣れるという観点からは、A5サイズの法文集を使うのがいいのかも知れません。
でも発明協会法令集は表面裏面の表紙がビニール引きで耐久性があるので、私はこちらの法令集を常用しようと思います。


bk1は一度に1万円以上の書籍の注文をすると、1000ポイントのbk1ポイントが付与されます。
bk1ポイントは1ポイント当たり1円換算で書籍を購入できるので、1万円分を購入したら約一割引と同等です。
だからといって、1000ポイントを欲しいために、この法令集以外に余計に本を注文しちゃったのは、うまくbk1に乗せられている気がしますね。